フライタイイング(毛鉤作り)

お盆休みに予定している白馬(長野)フライフィッシングツアーに向けて、比較的現地に近い釣り仲間(通称:漁師のTYさん)から情報が入りました^^
まず、お奨めのフライ(毛鉤)です。
私のフライボックスの中身を確認すると、非常に乏しい状況(^^ゞ
しばらくフライを巻いてないので当然です。(フライ=毛鉤、フライを巻く=フライを作る=フライタイイング)
19~21日と3連休を使って、ちょっと気合を入れて巻いてみました。
・・・と言っても、しばらく巻いていないんで、巻き方を忘れてしまいました(^^ゞ
ネット検索してみるとフライタイイングを写真入りで紹介しているHPがあったので、それを見ながら・・・
TKさんお奨めの一つである「シャンクの曲がったフックのパラシュート」。(ボディー半分を水没させる)
パラシュートは、私的に難しいというイメージ。
以前にも何回か巻いた事がありますが、綺麗に巻けないし、巻くのに時間が掛かるというイメージ。
HPを見ながら、細かいところまで確認しながら巻いていくと、結構満足いくフライが巻けるようになりました。
慣れてくると、早く巻ける様にまでなりました。
とりあえず巻いたフライは、すべてパラシュート。計30
ボディーは、茶系から始まり、白系・黒系の3種類。
ハックルとサイズ(16番)は一種類ですが・・・(^^ゞ
これは、黒系
パラシュート2
巻き上がった30のフライ達
パラシュート30匹2
今度はパターンを変えて、基本的に今回はドライを量産したいと思っています。
お盆休みまで、残り3週間とちょっと。
持っているフライボックスをすべて満タンにして、釣行に備えたいと思います。
今回のツアーは、基本的に2泊3日。(例外あり)
つい先日、参加メンバーが決定し、宿の予約が完了しました。(予約者は私)
1人は、東海からバイクで来ます。前日入りするので3泊になります。
私を含め足利からは、4名。
上越から1名。(宿泊せずに通い)
そして、地元、長野から1名。(基本的に通いですが、酒を飲む都合上w、1泊)
計7名です。
基本的に渓流(川)で岩魚や山女を狙いたいんですが、今回釣行を予定している川は、雨が降ると濁りやすいそうで、その場合は、TYさんが秘密の沢を案内してくれるとか・・・
当然、一箇所に7人は入れない訳で、何班かに分かれて入渓する予定です。
状況に応じては、管理釣り場も予定しています。
管理釣り場と言っても、バックにアルプスがあるくらいで、非常に綺麗な池だそうです。
また、TKさん曰く、○○川のイブニングはパカパカ出るそうで、ライズが小さくても出れば26~30upが普通だそうです。
さらに、宿の近くは温泉だらけ。居酒屋もあります。
初日の昼はバーベキューも予定してます(予約済み)
色々な意味で、なんだか、今から楽しみで、ニヤニヤしている自分がいます(^^ゞ
そんな訳で、ゴルフは7月・8月と予約を自分で入れておきながらラウンドは休みw
それでも、早朝だけは行きますが・・・(^^ゞ

シェア下さい!

フォロー下さい!